2008年6月26日 (木)

今日は会津若松 感傷旅行

昨日は、神奈川県藤沢市での「施工計画作成セミナー」でした。
「日経コンストラクション」で終日の取材になりました。
どのような形で紙面に登場するか楽しみです。

今日は一転して、福島県会津若松市でのセミナーです。

さて、わたくし事ですが「会津若松」は私にとっては特別な意味を持っています。
昭和33年高校2年生の私が、会津若松に降り立ち、バスに乗って4時間、濛々たる砂煙の中を降り立ったのが「只見町」。田子倉ダム建設中のダムの町でした。そこでの夏休みの間に体験が自分が土木屋になるきっかけになりました。
別に、工事に関係したわけではありませんが社員宿舎で親戚と一緒に過ごした一か月余りの時間はちょうど、堤体のコンクリート打設で連続打設世界一の記録に挑戦するところで、特に夜間などは暗闇に巨大なダムが照明で赤々と浮かび上がり、コンクリートを打設するための横行クレーンがそれこそ、唸りを上げて動いていました。

外へ出て、その光景を眺めるだけで多感な少年の将来を決めるには十分でした。
働く職員は夜も帰ってこず、事務所をのぞきに行くと安全靴のままの足を机の上に放り出し椅子にもたれて仮眠中。
こんな光景だけでも今の若者が3Kと言って逃げ出すのには十分な光景でしたが、その当時の社員にとっては完成に向かって、「感動」・「感激」・「興奮」の連続であり、やはり3Kだったのです。
今の建設工事に携わっている、多くの技術者にも絶対的に言えることなのでしょうが。

現在、新幹線の中で50年前の光景が浮かんでくる中、大きな転機となったその地へ向かうだけでも興奮してきます。

現在の「品格法:総合評価方式」を正しく理解して技術と技術者を大事にする本来の建設業に少しでも立ち返ってほしい、そのお手伝いがいくらかでもできればと思いながらの東奔西走です。

そのためには、発注者の意識も同じところに置いて欲しいし、それ無くしてはこの制度が成果を上げることは難しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

勝ち残るための工事成績評定マニュアル

Kojiseiseki_manual 時機を得た書籍が出版されました。
「勝ち残るための工事成績評定マニュアル」という本である。
著者は、”平岡成明”さん。土工協CALS/EC部会の初代部会長である。

まさに、「品確法」、「総合評価方式」、「施工計画提案」とどのようにして企業の皆さんを指導するかと迷ったり、勉強したりしているちょうどそのときに出版された。

すぐに書店へ走り、手にして、すぐに購入してきた。
”工事成績アップのカギは施工計画にあり、と工事評定要領を丁寧に解説しています。”
しかしながら、読んで直ぐ理解できるほど単純ではない。
真剣な取り組みが必要だ。
そこで、この本を使った企業の研修も依頼して快諾を得た。

強い味方を得た。今後を楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「品確技術者」講習会テキストダイジェスト版

品確技術者の講習会テキストを編集してみました。
・今後の方向性が見える。
・品確法施行に至る背景
・総合評価方式における提案と不履行の場合のペナルティー
・評価項目
・安全管理の重要性

など、かいま見ることができると同時に地方自治体の対応に不安も多く感じられます。
本当にできるの?
そこに、「品確技術者」に対する期待の大きさも感じられます。

地方の企業には真剣に勉強会を始めたところもあります。

CMFは建設OBの集団としてそのようにまじめに取り組む企業をこちらも真剣に指導していきます。学ぶ側、支援する側、双方の皆様の参考にしてください。

「hinkakutext_digest.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

「品確技術者」講習会テキスト

「品確技術者」講習会は3部構成で行われました。
配付された資料に講習会におけるコメントを付記してアップ
しました。

また、若干の削除と追加を行いました。
特に、関東地方の他の自治体の取り組みやガイドライン、
「総合評価方式」の評価の公表など今後の展開の参考に
なるであろう資料を加えました。

講習会資料にも評価項目が整理されており、今後、受注
者がどのような準備をすればいいかの参考になると思い
ます。今後の、入札形態の変革や「提案事項」の検証と
ペナルティーの問題なども大きな参考になります。

ややもすれば、仕事を獲得するための方策として「提案書」
を格好良く仕上げればと考えがちだが、提案通りやったか
どうかの検証は厳しいものがあり、受注者側も真剣に受け
止める必要がある。

今回は第2部のテキストをアップしますが、今後充実させて
このサイトで、第1部、第3部のテキストも提供して参ります。

発注機関の方も参考にしてください。

CMF会員の皆様には、「会員専用」コーナーにて第1部~
第3部までのすべての資料を提供しております。

資料が必要な方は「お問合わせ」からご一報ください。

品確技術者(国土交通省関東地方整備局)講習会テキスト
「hinkakugijutsu_kousyu_NO.2text.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

「品確技術者制度(関東地方整備局)」に挑戦して

品確法関連で思うこと。
CALSとは比べ物にならない。
生き残りをかけた企業全体の問題である。
「品確技術者」の講習を受けて、感じたことを述べる。

発注者サイドは品確法関連の「総合評価方式」はこうであり、
こうする。こうなる。とは言っているし、このような法律により規制されているなどの説明はあるが、では、受注者側はどうあるべきは一切ない。

このようなことになるからそれの対応は業界側で考えなさいということである。

ある県の品確法担当者と、お話しする機会が最近あった。
品確法は、法律で縛られるので、進めざるを得ない。

では、関心事はどこにあるのか。
中間の「技術検査」をどのようにこなすか。
それが、最大の関心事である。市町村の監督員に技術検査はどうあるべきか、何処に目をつけて何をチェックすればいいのかを実際の動いている現場で、教えて行かなければならない。
大変なことである。
現状は日常的には、ほとんどそのような目では、見ていない。
せめて、段階検査で設計どおり、図面どおり、できているかのチェック止まりである。
そのような監督員に途中のプロセスでの検査を教えることが並大抵の事でないことは、容易に想像できる。
安全管理における、危険予知ができるのか、コンクリート打設における締め固めの方法が、指導できるのか。
今回の「品確技術者」でも、ゼネコンOBにしかできないであろう。その検査が、法律で義務づけられる。
したがって、評価して落札者を決めるようなところは、決められた項目に沿って粛々とやれば良くて、それを受けた受注者が、どう判断・理解して対応すべきかなどには到底手が回らない。
考えも及ばない。のが、実情であろう。

それでは、受注者側の企業は、どうすればいいのか。これがまた、大変である。
真剣に危機意識を持ち始めた企業もあるが、本質を理解しての危機意識かというと疑問である。
本質的な生き残り策は?
経営者の責任が大きい。
次いで、技術者が、工事においてどのような良い評価が得られるように指導・育成をするかである。

技術者の評価は、工事成績で決まる。
公共事業の施工段階における評価だけでなく、今後は、その技術者の獲得した「成績点」が社内評価とも連動した仕組みに企業側もシフトするか、少なくとも評価項目に加えるべきであろう。
その結果が、「総合評価」に反映されることを考えると当然のことかもしれない。

受注者側としては経営者の立場で企業の評価項目を把握し、評価成績をあげる努力をしないと、基礎評価点として競争に参加する都度ついてまわり、他の項目の努力だけでは評価点のアップが出来ない事態にもなりかねない。

以下に、その項目(例)を列記する。

1.過去の工事成績点
2.企業の施工実績
3.配置予定技術者の施工経験
4.技術者数
5.優良工事の受賞
6.ISOの認証取得
7.過去の工事における事故・無災害
8.災害時の地域貢献
9.ボランティア活動
10.施工計画の評価
11.VE提案

総合評価の結果が自治体のホームページに企業名入りで公表される。
経営者こそが、「品確法」を理解して真剣に取り組む最大の関心事になるであろう。

非常にわかりやすい評価の実例が山梨県のホームページに掲載されていたので、
そのまま、添付します。
「hyoukaten_yamanashi_jirei.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

「品確技術者(関東地整)」の書類審査が終了しました。

国土交通省の「品確技術者(関東地整)」の書類審査が終了したようです。

書類審査が終わって、CMF会員へも4月24日に行われる講習会の案内が来始めました。
たくさんの会員が「品確技術者(関東地整)」に合格して新しい、「公共工事の品質確保」の一助になれればと思っております。
 果たして、何名の合格者が誕生するか楽しみにしております。

会員以外の皆様のCMFへの参加も募集中です。建設OBの力を結集して新しい建設業の発展に力を貸してください。

公共工事品質確保技術者講習

1.講習日  平成18年4月24日
2.講習会場 砂防会館別館 シェーンバッハ
3.時間 AM10:00ーPM5:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

品確法ガイドライン

品確法ガイドラインを教材形式にアレンジしてみました。

皆様の勉強の一助にしてください。
まだまだ、過渡期でいろんな動きが今後出てくるでしょう。

しかしながら、基本が守れずに未だに何とかなるだろうの成り行き任せの企業はそう遠くない時期に、淘汰されるであろうことは明白です。
CMFの活動にしても業界団体の場を借りてのあまねく、平等にの時期ではない。
自分たちは生き残りをかけて活動するから、我々だけを指導してくれればいい、とはっきりいわれるところも出てきた。
これからが、真剣な経営者の見識にかかっている。

研修にしても、勉強会にしても、”おまえら行ってみてこい”の時代ではない。

経営者自がどんどん出かけていって、この激動の変革の時代のまっただ中に身をおいてみることが大事です。

「総合評価方式」にしても、6社が応募してその結果が発注者のサイトに実名で並べられて、最高点30点、最低点5点では経営者としてこんな恥ずかしいことはなく、社員に対してもどの面下げて経営者面しているのかになる。

少なくても、内情のわからない一般国民がこれを目にしたときにどのように企業を評価するかという空恐ろしい時代になってきた。
実際に、評価結果が公表され始めた。大手企業にしても談合を認める(過去の事例に対して)記事なども目にするが、この業界本当に過去に限定され、今後は変わるのか?

真剣に変わる意識のあるところを支援していきたい。

「hinkakuhou_guideline.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

品確技術者制度(関東地方整備局)、募集が4月10日で締め切りです。

関係の皆様、準備はお済みですか?
まだ、時間はあります。4月10日の消印まで、有効ですので、あきらめずに挑戦しましょう。

品確法の行方を正しく見定めるためにも、また、発注者支援に、受注者支援にと業界のためにも有効な資格だと思います。
前に書いた記事にリンクを張っておきます。(3月14日の記事参照!)

申し込み要領などはここから、ダウンロードしてお使いください。
ここをクリックすると、3月14日の記事にジャンプします。
       ↓
「品確技術者募集要領」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

品確技術者制度(関東地方整備局)、募集要項が発表になりました。

国土交通省関東地方整備局では先にプレス発表した「品確技術者制度」の技術者募集を3月13日、開始した。締め切りは4月10日(当日消印有効)。

受験資格要件
・技術士または、一級土木施行管理技士の資格を有し、かつ、公共工事の主任技術者・監理技術者または、現場代理人の経験が7年以上ある者。
・施工関係に従事したものは、OBに限る

必要な書類は
(1)受講申請書(写真添付)
(2)業務経歴証明書
(3)実務経験証明書
(4)経歴記述書
(5)有資格者証のコピー

講習(講義)日時
・平成18年4月24日(月)

講義内容
・第一部 関係法規と総合評価落札方式の実施状況
・第二部 関東地方整備局における総合評価落札方式の実施状況
・第三部 関東地方整備局における監督・検査業務について

以下の書類の中から4.受験申請書により申し込みをしてください。

「1.hinkaku_gijutsusha_pres.pdf」をダウンロード

「2.hinkaku_gijutsuseido_jisshiyoukou_060301.pdf」をダウンロード

「3.hinkakugijutsu_boshu_pres.pdf」をダウンロード

「4.hinkakugijutsu_boshuyoko.pdf」をダウンロード

念のため、国土交通省関東地方整備局のサイトURLを添付します。
Topicsの中にあります。
http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/menu.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)