« 公共工事品質確保技術者資格試験 受験のすすめ | トップページ | 工事成績評定点のプロセス管理 »

2009年7月15日 (水)

四国全県でのセミナーツアーです

7月13日。高知県75名

全国の平均的な展開率でしょうか?
最近はいろいろな方がセミナーをやっているようです。
そのたびに多くの技術者が集まってくる。何故だろうか?

一つは、CPDSのユニット数を稼ぐこと。国土交通省はじめ県レベルでも技術者評価にCPDSのユニット数が係わっています。機会があれば有料でも集まるし、寝ていても時間に拘束されることを我慢すればユニット数がもらえる。
ちょっとと違うんじゃないか?
発注者はどう考えているのでしょうか?

まじめな話はここまで。
やはりこの手の行脚は地方の皆さんとのアフター5。
コンサルティングをやられているMさん、Yさん、建設業のIさん、Mさん、といろいろの意見交換が出来ました。この積み重ねですね。

「品確法」の理念に沿って総合評価方式がまっすぐに進んで欲しいと願っているまじめな連中が沢山いるのに、このところの一部の地方自治体の動きは?

オッとまた、まじめな話だ。

この後、徳島・香川・愛媛です。どんなおいしいものが待っているか?楽しみです。

|

« 公共工事品質確保技術者資格試験 受験のすすめ | トップページ | 工事成績評定点のプロセス管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167065/45639623

この記事へのトラックバック一覧です: 四国全県でのセミナーツアーです:

« 公共工事品質確保技術者資格試験 受験のすすめ | トップページ | 工事成績評定点のプロセス管理 »