« 今日は会津若松 感傷旅行 | トップページ | 公共工事品質確保技術者資格試験 受験のすすめ »

2009年7月 3日 (金)

今年は様変わり

今年の「総合評価方式」のセミナーが様変わりしています。
昨年までのようなセミナー形式が少なくなりました。
どうなったか?
まず、個別企業別の勉強会や実践指導が多くなってきました。
添削依頼や企業コンサルティングが多くなりました。
毎日、添削作業に明け暮れています。

入札時の支援は真剣勝負です。
社長から、「逆転受注です!とか連続受注です!」が来ると、やはりうれしい!!
でも、土台が良くないとこれは無理。
企業ぐるみで頑張りだして、技術者も勉強してその結果が受注につながるし、我々は、ほんのヒントをあげるだけ。

こうして、企業が意識を変え技術者が勉強を真剣に初めて・・・これこそが「品確法」の目指すところ。
 特別簡易型なんかで後退している自治体は考え直してくれ~!!

|

« 今日は会津若松 感傷旅行 | トップページ | 公共工事品質確保技術者資格試験 受験のすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167065/45529334

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は様変わり:

« 今日は会津若松 感傷旅行 | トップページ | 公共工事品質確保技術者資格試験 受験のすすめ »