« 今年の全国セミナー紹介 | トップページ | 今年は様変わり »

2008年6月26日 (木)

今日は会津若松 感傷旅行

昨日は、神奈川県藤沢市での「施工計画作成セミナー」でした。
「日経コンストラクション」で終日の取材になりました。
どのような形で紙面に登場するか楽しみです。

今日は一転して、福島県会津若松市でのセミナーです。

さて、わたくし事ですが「会津若松」は私にとっては特別な意味を持っています。
昭和33年高校2年生の私が、会津若松に降り立ち、バスに乗って4時間、濛々たる砂煙の中を降り立ったのが「只見町」。田子倉ダム建設中のダムの町でした。そこでの夏休みの間に体験が自分が土木屋になるきっかけになりました。
別に、工事に関係したわけではありませんが社員宿舎で親戚と一緒に過ごした一か月余りの時間はちょうど、堤体のコンクリート打設で連続打設世界一の記録に挑戦するところで、特に夜間などは暗闇に巨大なダムが照明で赤々と浮かび上がり、コンクリートを打設するための横行クレーンがそれこそ、唸りを上げて動いていました。

外へ出て、その光景を眺めるだけで多感な少年の将来を決めるには十分でした。
働く職員は夜も帰ってこず、事務所をのぞきに行くと安全靴のままの足を机の上に放り出し椅子にもたれて仮眠中。
こんな光景だけでも今の若者が3Kと言って逃げ出すのには十分な光景でしたが、その当時の社員にとっては完成に向かって、「感動」・「感激」・「興奮」の連続であり、やはり3Kだったのです。
今の建設工事に携わっている、多くの技術者にも絶対的に言えることなのでしょうが。

現在、新幹線の中で50年前の光景が浮かんでくる中、大きな転機となったその地へ向かうだけでも興奮してきます。

現在の「品格法:総合評価方式」を正しく理解して技術と技術者を大事にする本来の建設業に少しでも立ち返ってほしい、そのお手伝いがいくらかでもできればと思いながらの東奔西走です。

そのためには、発注者の意識も同じところに置いて欲しいし、それ無くしてはこの制度が成果を上げることは難しいのです。

|

« 今年の全国セミナー紹介 | トップページ | 今年は様変わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167065/41651908

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は会津若松 感傷旅行:

« 今年の全国セミナー紹介 | トップページ | 今年は様変わり »