« 2006年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年5月 3日 (木)

四国・高松での「総合評価方式」セミナー

4月27日、四国・高松で「品確法:総合評価方式」のセミナーが開催されました。

小劇場のセミナー会場で定員300名の会場に補助椅子が置かれるような立錐の余地もない大盛況のセミナーでした。

そこに講師として派遣され、国土交通省:四国地方整備局と合同でセミナーが開催されました。四国地整から1時間、CICから3時間の計4時間のセミナーでした。主催したのは「建通新聞社四国支社」です。四国全県から参加されたとのことで、前の週の九州よりもオドロキでした。その原因の一つは「国土交通省:四国地方整備局」の熱心な”啓蒙活動”と”技術的に優れた企業が生き残る”ための施策とその啓蒙活動に有ると感じられました。

他には類を見ない実施内容説明の細かさにも感心しました。

しかしながら、セミナーのタイトルに”「総合評価方式」対応提案書セミナー”と有ったのにはとまどいを覚えながらのスタートになりました。

続きを読む "四国・高松での「総合評価方式」セミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州縦断セミナー_総合評価方式

この度、九州縦断(大袈裟ですか。福岡・熊本・鹿児島)セミナーを開催しました。
4/16~18の3日間、昨年も同じセミナーを福岡と熊本で行いましたが、この一年間で建設業の関心は大幅に変化していることが読み取れました。

まず、動員数が大きく違いました。
福岡と熊本は30名ほどでしたが、鹿児島は130名を超える皆様が集まり、大変な盛況でした。まだまだ、「総合評価落札方式」の提案書の上手い作り方を教えてくれるのだろうとの期待を持った方が多いようですが、企業ベースでの取り組みに対する支援要請が多いのも今回の特徴です。

経営者が聞いてくれて、企業変革の重要性を感じてくれたものと思います。

続きを読む "九州縦断セミナー_総合評価方式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2008年1月 »