« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

CMFのBLOGデザインを一新しました。

CMF「建設マネージメントフォーラム」のBLOGサイトのデザインをプロのお力を借りて一新しました。
このぐらいのデザインや概要その他の情報を入れて、CIC「建設情報化協議会」からお届けします。

そこらのホームページに負けないものが安価に提供できます。
おそらく、従来のホームページ作成費用の1/10か1/100かで提供されるでしょう。
そして、皆さんの活動を胸を張って世間に情報公開していきましょう。

建設業界の体質改善・風土の改革に、BLOGは大きく貢献するものと確信します。

 現場の皆さんも、沿道の皆さんに現場を1日だけ会社を挙げて開放して、それが新聞の記事に成る時代は早く終わらせましょう。
 日常的には仮囲いで閉鎖して沿道に対しては一週間同じ、「コンクリート工事」、「鉄骨建て方」を面倒くさそうに書いてあるようなことではなく、あたかも仮囲いが無いかのように現場の状況が分かるBLOGで情報発信いたしませんか?携帯電話で写真を撮って簡単なコメントをつけるだけで、情報発信はOK。

各社、何百万円もいやもう一桁上のホームページを作って、そこから発信する情報が年間20~30件の会社が少なくないという現実はどう解釈すればいいのか、理解に苦しみます。
みっともないからデザインだけは競争意識でこりまくっているのか、できるだけサイトに来て欲しくないのか。

社員をあげて、BLOGで情報発信をしている会社も出てきた。

変わらない、変わらない、建設業も少しだけ変わり始めたのか。
地場の企業の中には、「品確法」で目の色を変えて生き残りを模索する動きも出てきた。
どこから、変革の目が吹き出すか、楽しみになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

勝ち残るための工事成績評定マニュアル

Kojiseiseki_manual 時機を得た書籍が出版されました。
「勝ち残るための工事成績評定マニュアル」という本である。
著者は、”平岡成明”さん。土工協CALS/EC部会の初代部会長である。

まさに、「品確法」、「総合評価方式」、「施工計画提案」とどのようにして企業の皆さんを指導するかと迷ったり、勉強したりしているちょうどそのときに出版された。

すぐに書店へ走り、手にして、すぐに購入してきた。
”工事成績アップのカギは施工計画にあり、と工事評定要領を丁寧に解説しています。”
しかしながら、読んで直ぐ理解できるほど単純ではない。
真剣な取り組みが必要だ。
そこで、この本を使った企業の研修も依頼して快諾を得た。

強い味方を得た。今後を楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「品確技術者」講習会テキストダイジェスト版

品確技術者の講習会テキストを編集してみました。
・今後の方向性が見える。
・品確法施行に至る背景
・総合評価方式における提案と不履行の場合のペナルティー
・評価項目
・安全管理の重要性

など、かいま見ることができると同時に地方自治体の対応に不安も多く感じられます。
本当にできるの?
そこに、「品確技術者」に対する期待の大きさも感じられます。

地方の企業には真剣に勉強会を始めたところもあります。

CMFは建設OBの集団としてそのようにまじめに取り組む企業をこちらも真剣に指導していきます。学ぶ側、支援する側、双方の皆様の参考にしてください。

「hinkakutext_digest.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

「品確技術者」講習会テキスト

「品確技術者」講習会は3部構成で行われました。
配付された資料に講習会におけるコメントを付記してアップ
しました。

また、若干の削除と追加を行いました。
特に、関東地方の他の自治体の取り組みやガイドライン、
「総合評価方式」の評価の公表など今後の展開の参考に
なるであろう資料を加えました。

講習会資料にも評価項目が整理されており、今後、受注
者がどのような準備をすればいいかの参考になると思い
ます。今後の、入札形態の変革や「提案事項」の検証と
ペナルティーの問題なども大きな参考になります。

ややもすれば、仕事を獲得するための方策として「提案書」
を格好良く仕上げればと考えがちだが、提案通りやったか
どうかの検証は厳しいものがあり、受注者側も真剣に受け
止める必要がある。

今回は第2部のテキストをアップしますが、今後充実させて
このサイトで、第1部、第3部のテキストも提供して参ります。

発注機関の方も参考にしてください。

CMF会員の皆様には、「会員専用」コーナーにて第1部~
第3部までのすべての資料を提供しております。

資料が必要な方は「お問合わせ」からご一報ください。

品確技術者(国土交通省関東地方整備局)講習会テキスト
「hinkakugijutsu_kousyu_NO.2text.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »