« 平成24年度 CALS/EC資格試験のご案内 | トップページ | 安全関係の標準類について »

2012.05.08

総合評価落札方式の施工計画は技術者の仕事ではない?

ある地方のセミナーで耳にしたお話です。
”総合評価落札方式の施工計画は技術者の仕事ではない”というのです。
”それは、営業の仕事で技術者はタッチしていない。”

え~?、これはまずくないでしょうか?
今後ますます、技術者の関わりが求められて来るというのに。
ヒヤリングなどが有ったらどう対応するのでしょうか?

配置予定技術者にヒヤリングに来いというのに、ノータッチ。
今後はあり得ないし、総合評価方式(品確法の理念)がまるで理解されていない。
こんな事がまかり通るのは、発注者にも問題があるのではないでしょうか?

”また同じ課題だよ!もう書くことがないよ。”といって、他社の営業担当者同士が情報交換して、提案内容を融通しあうなんていう噂もあるが?
まるで、談合ではないのか?

業界としてもし、こんな事が行われているのなら、ゆゆしき問題です。
すぐに考えを改めましょう。

まじめに、技術力アップの一方式として、施工計画(技術提案)に取り組み現場でも、創意工夫をしながら実践している方たちにも失礼な話です。

5月 8, 2012 総合評価方式 |

コメント

コメントを書く