« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.30

安全関係の標準類について

このところ、トンネルの可燃性ガス爆発の事故が話題になっていますが、もう一度、その標準となる、法令、規則などの見直しを行いましょう。

今回のトンネル事故の対象となる標準については「土木工事安全施工指針」であると新聞などに報道されていましたので、中を確認してみました。
非常に読みやすく、対象となる法令や規則等の対比もあり、今後の施工などにも参考にしたいものでした。

そのファイルを紹介いたします。.

併せて、その他の「標準類」も紹介いたしますので参考にしてください。

このブログでのアップは容量が大きすぎて出来ませんので、「ダウンロードコーナー」へアップいたしますが、その間に必要な方は下記へメールいただければ、お送りします。

1.土木工事安全施工指針
2.労働安全衛生規則
3.クレーン等安全規則
4.建設工事公衆災害対策防止要項(土木工事編)

ファイル請求先メールアドレス
cic.sougoujuku@gmail.com

5月 30, 2012 総合評価方式 | | コメント (2)

2012.05.08

総合評価落札方式の施工計画は技術者の仕事ではない?

ある地方のセミナーで耳にしたお話です。
”総合評価落札方式の施工計画は技術者の仕事ではない”というのです。
”それは、営業の仕事で技術者はタッチしていない。”

え~?、これはまずくないでしょうか?
今後ますます、技術者の関わりが求められて来るというのに。
ヒヤリングなどが有ったらどう対応するのでしょうか?

配置予定技術者にヒヤリングに来いというのに、ノータッチ。
今後はあり得ないし、総合評価方式(品確法の理念)がまるで理解されていない。
こんな事がまかり通るのは、発注者にも問題があるのではないでしょうか?

”また同じ課題だよ!もう書くことがないよ。”といって、他社の営業担当者同士が情報交換して、提案内容を融通しあうなんていう噂もあるが?
まるで、談合ではないのか?

業界としてもし、こんな事が行われているのなら、ゆゆしき問題です。
すぐに考えを改めましょう。

まじめに、技術力アップの一方式として、施工計画(技術提案)に取り組み現場でも、創意工夫をしながら実践している方たちにも失礼な話です。

5月 8, 2012 総合評価方式 | | コメント (0)