« 2010年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2011.02.15

iPhoneアプリ紹介

iPhoneアプリの紹介です。
まずは、私がいつも愛用している時刻表。

Ekilocky

「駅.Locky」電車の出発時間を教えてくれます。

よく使う駅と路線を登録しておけばGPS(位置情報)と連動して
あと何分で発車するかのカウントダウンが始まります。
電車の遅延情報とも連動したようです。

G01 G02

全国対応。無料です。
電車は余裕を持って乗りたいですが中々うまく行きませんね。

2月 15, 2011 iPad、iPhoneアプリ | | コメント (0)

「建設業iPad研究会」第5回目の活動報告

第5回目の報告を行います。
日時:10月14日(木)15時~17時
会場:西松建設
参加者:20名
議題:1.生コンの品質管理について(西松建設)
   2.カメラメモ機能の紹介(リコー)
   3.CEATECの報告
   
●生コンの品質管理について
 ・目的は業務効率津と品質・安全性を目指しているそうです。
 ・生コン工場で出荷トン数、車番、時間を入力すると現場の担当者の携帯電話で
 確認できる仕組みを行っている。
 ・現場では、到着時間、打設終了やスランプや空気量の試験値を入力している。
 ・出荷予定も入力できるので、生コン工場では出荷の計画も立てられる。
 ・事務所、生コン工場、現場それぞれで情報を共有しているので、トレーサビリティ等に
 役立ちそうです。
●カメラメモの紹介
 1.G700の商品紹介
  主な特徴は内臓10mフラッシュ、電子水準器(水平に撮れます)、
  長時間撮影(360枚)可能
  セキュリティ仕様、ライトワンスのSDカード(書換えできない)原本保障
  カメラメモ機能の強化、その他にバーコードの読取りやGPSユニットを拡張できるようです。
  http://www.ricoh.co.jp/dc/g/g700/
  
 2.カメラメモ機能の紹介
  カメラメモを活用することで黒板入力が不要になり、更に写真が自動で
  仕分けられるそうです。
  ・カメラメモには2つのモードがある。
  一つはリスト形式で項目を選ぶ方法。
  二つ目は予め黒板イメージで登録された情報から選ぶ方法。
  
 現場では黒板が必須になっているので、カメラメモが普及され発注者にも認められると
効率化が期待されます。
 
●CEATECの報告
  新しいスマートフォンやタブレット端末の紹介がありました。
  iPhone、iPadだけでなくアンドロイドOSやWINDOWS-OSの端末が続々登場してくる。
  現場で使える端末が増えることは歓迎します。
  
今回はiPadの情報はありませんでしたが、iPad以外のタブレット端末の動向も
ウォッチして行きたいと思います。

2月 15, 2011 iPad研究会 | | コメント (0)

2011.02.14

「建設業iPad研究会」第4回目の活動報告

第4回目の報告を行います

日時:9月10日(金)15時~17時
会場:三井住友建設
参加者:27名

議題:1.中国系パッド端末のデモ
   2.CADデータの有効活用(インテリジャパン)
   3.工程ソフト(ツールズ)
   4.その他
   

●中国系のiPadに似た端末のデモがあった。
 OSはアンドロイドで動いた入るiPadより一回り小さく、作りが少し雑な感じがする。
 価格は1万円前後でブラウザを見る分だけなら使えそうだ。
 10月以降いろいろな端末が発売予定でパッド系の端末の幕開けが始まる。
 iPadもウカウカしてられない。

●CADデータの有効活用
 発表者の自己紹介の後に
 現在のiPadで図面を見る場合はPDFやSVG、画像ファイルに変換して見るのが現実的のようだ。
 CADデータをPDFに変換してiPadのGoodReaderなどを使い閲覧する。
 CADデータをそのまま扱える専用アプリケーションも少しずつ出てきている。
 ・Megesoft(マイホームデザイナー)、AutoCAD WS(DWG/DXF) 10月リリース、iRhino(3DM)など
 その他に写真データから計測できるソフト My Measure&Dimensionsなどがある。
  
 最後にパソコンのOSが15周期で変わっていると言う報告がありました。

P001

 1980年にMS-DOSが発表されて2000年程度まで使われ、1995年にWindowsが発表。
 2010年に次のOSまたは大きな流れが現れるのでは? クラウドか、タブレッド端末か?
 
 1996年ごろ始まった建設CALSも大きな変換点に来ているのようだ。

2月 14, 2011 iPad研究会 | | コメント (0)

アプリ紹介 『7notes』

『7notes』ジャストシステム創業者の浮川夫妻の新会社「MetaMoji」が発売
値段:¥900(2010/2/28まで)¥1500
対応機種:iPad
特徴:用紙上にユニット(テキスト・イメージ・Webの3種類有り)と呼ばれる物を配置して文書を作成する。
テキストユニットに手書き(イメージ)・手書き認識(テキスト)・キーボード(テキスト)の3種類方法で登録できる。

手書き認識は優れもの。ひらがな交じりで入力しても漢字変換される。

Pic001

Pic002_2

作成した文書はPDFに変換してメールを送ったり、イメージに変換してアルバムに登録することができる。
更に、Web上のキャビネットに自動保管できる。

活字と手書きを混ぜて文書を作れるので、柔らかい書体に仕上り工事のお知らせや安全書類のサインなどに活用できる。
書式が登録されたテンプレートとして、打合せノート・調理ノート・アイディアノート・トラベルノートがある。
手書き認識を高める書き方を覚えれば議事録なども入力できそう。

要望・課題:エバーノートの連携やテキストデータの連携機能などが追加されると更に使えるツールになる。

(iPad研究会事務局)

2月 14, 2011 iPad、iPhoneアプリ | | コメント (0)